新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

子ども部屋の配線

住まいを新築する時、設計の段階で、間取りを決めていきますが、間取りが決まったら、上下水道の配管やガスの配管も決めていきますし、電気配線も考えていかなくてはいけません。住まいというのは、新しく建てた段階で、完成というわけではありません。家族というのは、日々変化していきます。

例えば、幼かった子供たちも成長していきますし、独立していきますから、家族の数も変わっていきます。年齢を重ねてくれば、生活自体も変わっていきます。電気配線については、案外、大きく変化することもあります。その変化に対応できるように、考えておくと、便利です。

私の友人が住まいを新築した時、長男は3才で、第2子はまだ、生まれてもいませんでした。子ども部屋も用意しましたが、まだ幼いので、取りあえず、子ども部屋については、ワンルームにして、将来2部屋にできるようにしました。一般的に必要な程度の電気配線をしておこうと考えていましたが、工務店さんが子育てをしている経験上、将来、子ども部屋にもテレビやパソコンが必要になる可能性を指摘してくれました。今すぐには必要ありませんが、テレビやパソコン用の電気配線だけでなく、アンテナ配線やLAN配線が必要になることもあります。そこで、空配管をしておくにしました。

最近は、パソコンデビューも早く、また、子供たちの成長も、案外早く、10年もしないうちに、必要になってきますから、安心です。
自分たちの子どもの頃には、考えられなかったことですが、小学生からパソコンで学習したり、世界を広げたりしていきます。そのため、子ども部屋にも、それらがすぐに取り入れられるように、準備しておくことも大切です。しかも、将来的には、2部屋に間仕切りしていく予定ですから、その点も注意しなければなりません。子ども部屋の場合は、将来の姿を想像しながら電気配線も考えていかなければなりません。

Filed under : 住宅
By admin
On 2016年12月6日
At 9:31 AM
Comments :コメントは受け付けていません。
 

Comments are closed.