新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

ファミリークローゼット

新居に住み始めて一番設けて良かったと実感しているのが、洗面室の隣に設けたファミリークローゼットです。タオル類をはじめ、家族みんなの衣類をここ一か所で管理しています。私は家事の中で一番、たたんだ洗濯物をクローゼットにしまうという作業が一番苦手でした。それは、タオル類や下着、子ども達の衣類に夫婦の衣類とそれぞれ別々のクローゼットで管理していたため、しまうという作業を行うだけで住宅内を行ったり来たりして無駄な動きが多かったからです。

そこで新居でもこの家事への不満を解消するためにファミリークローゼットを設けたのです。洗面室では、身支度を行いますし、脱衣室としても利用します。この隣に互いの空間をスムーズに行き来できるよう動線を確保したファミリークローゼットを設けたことで、朝はヘアセットやお化粧を行うと同時に衣類まで着替えることができ、入浴の事前準備もかなりスムーズに行えるようになっています。そして、何よりもたたんだ洗濯物をここに持ってくればすべて同じ空間に整理されているので作業が効率よく行えるのです。

このファミリークローゼットは、掛ける収納を充実させました。そのため洗濯物をたたむという作業が簡略化できていますし、衣類がどこに何があるかが一目で把握でき、シワになりません。家事を効率よく行えるだけでなく、家族みんなが着替えがしやすく、身支度がしやすい住まいとなっています。ファミリークローゼットはおススメです。

Filed under : 住宅
By admin
On 2018年7月12日
At 2:29 PM
Comments :コメントは受け付けていません。