新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

夏は涼しく冬暖かい家

我々夫婦が住宅に望んだことは、夏は涼しく冬暖かい家ということです。冷暖房に頼ることなくエコで快適な暮らしを送りたいというのは、我々夫婦の希望でした。我々だけでなく、家造りをしているほとんどの人がこのように感じているのではないでしょうか。それを実現するために重要なのは、住宅の断熱性だとばかり思っていました。

もちろんそれも重要なのですが、熱の出入り口で一番大きい窓の断熱性も非常に大事なのです。冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓は58%なのです。そして夏の冷房時、熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%です。これらの数字を見ても窓への対策が重要なことは一目瞭然です。

そこで最近多く取り入れられている遮熱高断熱複層ガラスです。2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜コーティングしたLow-E複層ガラスにすることで、赤外線、紫外線を大幅にカットできるのです。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高めてくれ、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上にも役立つのです。しみやそばかすなどといった原因の一つとも言われている紫外線もカットしてくれるので住む人の健康を守ってくれるだけでなく、カーテンや家具の色あせも抑制してくれるのです。冷暖房効率を高めてくれ、エコで省エネな暮らしを送るためには窓への対策をしっかり行う必要があることを忘れてはいけないのです。

Filed under : 住宅
By admin
On 2015年12月20日
At 2:21 PM
Comments :コメントは受け付けていません。