新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

家事が楽しくなる家

家事には365日休みがありません。それだけに家事をいかに効率良く行え、負担やストレスを感じることなく行うことができるかがポイントになってきます。家事の効率を高めるには家事動線に配慮しましょう。
まず一日三度ある食事です。食事の準備をいかに効率良く行えるかはキッチンとダイニングの配置が重要です。そこで我が家はキッチンの真横にダイニングを設けました。キッチンの真横にあることで、食事の度に行う配膳が今まで以上にスムーズに行えます。横移動で動きやすいですし、動線が短いので配膳にかかる時間を短縮できます。

キッチンの存在をより身近にも感じられることから、子ども達も積極的にお皿を下げたり、配膳のお手伝いをしてくれるようになると思います。親子クッキングもしやすくなります。ダイニングテーブルを作業スペースとして活用でき、キッチンが親子のコミュニケーションの場となるのです。
またキッチンと洗面室においても横一直線で繋ぐことで家事の効率をグンと高めることができます。キッチンで家事をしながら同時に洗面室で別の家事を行う機会は多いです。キッチンと洗面室の行き来を頻回に行うだけに、これら二区間の動線も短く、そしてスムーズに行き来できるようにしておくと家事効率も高まります。

そして洗濯機のある洗面室から洗濯物干し場への動線にも注意しましょう。濡れた洗濯物を運ぶので動線はできるだけ短い方がいいです。また子育て真っ最中の家庭であれば、リビング先に洗濯物干し場を設けて、子どもにきちんと目が行き届く環境で洗濯が干せると安心です。家事が楽しくなる家を目指しましょう。

Filed under : 住宅
By admin
On 2015年8月21日
At 9:07 AM
Comments :コメントは受け付けていません。