新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

吹き抜けの魅力

住宅を建てることになりリビングを吹き抜けに使用か迷っています。
吹き抜けにすることで面積以上の広さを感じることができますし、開放感が増します。また明るさをしっかり取りこむことができるのも吹き抜けの大きな魅力です。
風を取り込めるように高い窓も開閉できるものにしておくと空気の流れを作ることができます。

しかし多くの人が気になるのが冷暖房効率だと思います。
冷房時はあまり気にしなくてもいいのですが、暖房使用時暖かい空気は上昇していきます。
吹き抜けにすると二階は暖まるがリビングはひんやり、足元が冷えた状態になるのです。
この対策として天井にファンを設置し空気の流れを作ること。また住宅そのものの断熱性を高めること。
それに加えて熱の出入りが多い窓の気密性・断熱性を高めることで吹き抜けでも冷暖房効率を高められ、光熱費に大きな影響は出ないと言われています。
リビングを吹き抜けにした私の知人は床暖房を設けて足元からしっかり暖めるような対策をとっていました。

リビングに吹き抜けをするのは勇気がないという人は玄関ホール吹き抜けにするのもいいと思います。
玄関は住宅の顔の部分に当たる場所です。
明るく開放感のある玄関は家族にとっても、お家に見えたお客様も満足する空間となることでしょう。
吹き抜けのメリットもデメリットもあるとは思いますが、マイホームに取り入れたいと考えるなら妥協せずにしっかり対策をとれば後悔しない吹き抜けのある住宅になると思います。

Filed under : 住宅
By admin
On 2015年4月21日
At 1:25 PM
Comments :コメントは受け付けていません。