新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

和室

最近人気のスタイルとしてリビングに併設された和室があげられます。
リビングに併設することでリビング空間をより広々と感じさせてくれます。
また和室を多目的で使用でき、大変居心地のいい空間だと感じられる気がします。
フローリングのリビングではなかなかゴロンと横になって過ごすことがしにくいです。
しかしリビングと併設された和室であればリビングのテレビを見ながらゴロンと横になることができます。
子どもが昼寝をしてもキッチンやリビングから目の届きやすい和室で寝かせることができれば親も安心できるのです。

この和室を個室としても使用できるようにするためには扉を設けておくことを忘れないようにしたいものです。
またリビングを見られたくないお客様を家に通さなければいけない場合にも対応できるようにしておくためには、玄関からその和室へ直接行けるように間取りを行うことです。
そうすれば、普段はリビングと一体感を高めている和室が、時には完全個室としてリビングを見られることなく客間として空間を活用できるのです。

我々の両親は遠方に住んでいます。家に遊びに来るとなれば宿泊します。
このような時でも両親にゆっくり休んでもらえるように和室は欠かせない空間と言えるのです。
日本人なら住宅に必ず一室和室を設けたいと考えている人も多いと思います。
ゴロンと横になるにも最高の場所ですし、家事をする空間として、子どもの遊ぶ空間としても大変活躍してくれることでしょう。
和室の魅力を改めて感じて我が家にも便利な和室を設けたいです。

Filed under : 住宅
By admin
On 2015年2月27日
At 9:53 AM
Comments :コメントは受け付けていません。
 
 

快適なトイレ

トイレは家族が一日頻回使用します。
また家族だけでなく来客者が使用することもあります。
家族もお客様も快適で居心地のいいトイレを目指したいものです。

我が家は新築住宅を建てることとなり現在間取りを考えています。
我が家は階段横にトイレを設ける予定です。
トイレは広さに限りのある空間です。
限りのある空間だからこそいかにスッキリ見せるかがポイントになってきます。
最近ではトイレ内に手洗いスペースを設ける造りが多いです。
手洗いスペースと一緒にトイレットペーパーや掃除道具など収納するスペースを設けることも多いです。
我が家も最初は手洗いカウンターを設けて洗面ボウルの下の部分を収納スペースとしようと考えていました。
しかし階段横にトイレを設けることで、階段下スペースをトイレの収納スペースとして確保できるのでカウンター下に収納スペースを設ける必要がなくなったのです。

階段下に十分な収納スペースを確保できることでトイレ内に収納スペースを設けなくて済むのでトイレに圧迫感がなくスッキリとした空間が広がるのです。
階段下収納にトイレットペーパーの在庫やサニタリー用品、トイレの掃除用具を収納しようと思っています。
手洗いスペースはオシャレなアンティーク調の洗面ボウルと蛇口をトイレのコーナー部分に設けたいと思います。
オシャレなアイテムを使用することでトイレの雰囲気を華やかにしてくれます。
手洗いスペースと一緒に鏡も設置すると小さな洗面台がトイレ内にでき、用を足したついでに身だしなみを整えることができるのです。
これは来客者にとって大変便利さを感じることでしょう。家族もお客様も快適なトイレに仕上げたいです。

Filed under : 住宅
By admin
On 2015年2月3日
At 4:18 PM
Comments :コメントは受け付けていません。