新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

住宅用の土地を探す

土地を探すときのことを前に書きましたが地盤のことについてもう少し詳しく書いてみたいと思います。
地盤がしっかりしているかどうかを確実に判断するためには地盤調査が必要になります。
地盤調査は購入後でないとできないので簡易的にチェックする必要がありました。
チェックするポイントとしては、まず周辺の住宅などを見るようにしてください。
住宅の壁にヒビが入っていることが多ければ、地盤に問題がある可能性があります。
私の友人は大分の土地を自分で探して買った後に、注文住宅を建てようとしました。
しかし、住宅を建てるために一応地盤のチェックをしておこうと思って、地盤調査を行いました。
地盤調査ではスウェーデン式サウンディング試験という方法でチェックしたらしいです。
このスウェーデン式サウンディング試験は元々はボーリング調査と一緒に工事現場などで使われていたそうです。
スウェーデン式サウンディング試験はあまり場所をとらないので住宅の敷地を調査するのにも適しているといえます。
この調査の結果、軟弱地盤であることがわかりました。
そのため地盤改良という工事を行わないといけなくなりました。
地盤改良をするためにはお金がまた必要になってきます。
結局、数十万円のお金を支払って地盤改良をすることになりました。
地盤を簡単にでもチェックしておいたとしてもこのようなことになってしまう場合もあります。
そのためもしものときのために地盤改良のお金を用意しておくというのもひとつの手であると思います。

Filed under : 住宅
By admin
On 2011年8月26日
At 10:23 PM
Comments :コメントは受け付けていません。