新築住宅と私

建築士のお話しブログ

 

電気温水器の凍結について

今年は寒い日が続いていますが、先日以前に当社で家を建てられた方から連絡があり「電気温水器から水が溢れ出しているからどうにかして欲しい」と連絡がありました。

当社では連絡を受けてから2時間以内に対応するのがルールで、電話を受けた私が現地の確認に行くことになりました。

現地に到着すると止水栓を締めていただいてたようで水は噴出していませんでしたが辺り一面が水浸しになっていました。

電気温水器の後側の屋内に配管が伸びているところが凍結して水が漏っているようでした。

私で対応出来る範囲ではありませんでしたので、すぐ給排水工事店に連絡して補修工事の手配をしました。

工事の方によると寒くて凍結が予想される日には、配管の部分に毛布などの布をかけておくとだいぶ違うようです。

冬になるとこの手の補修工事がかなりあるので大変らしいです。

また電気温水器が動かないとお湯が出ませんし、元を止めたままだとトイレがながせなかったりもしますので配管布をかぶせることはぜひ参考にして下さい。

今年は通常は凍結などしないような地域も凍結が多くなっているので、まだまだ寒さも続きますし皆さんも気をつけてくださいね。

私も今回の一件で勉強になりました。

建築業界に居ても気づかないことや、わからないことがまだまだあるんだなと思い、勉強が足りないなと思いました。

今後も沢山勉強をして色々なことを吸収していけたらいいなと思います。

皆さんも寒い日には気をつけてくださいね。

Filed under : 住宅
By admin
On 2011年1月15日
At 11:59 PM
Comments :コメントは受け付けていません。